2012年7月の振り返り

2012年7月のツイートを8年後の2020年7月に振り返ります。Tweet量そのものが少なめでした。

ソーシャルメディアの盛衰

Lineは3.11の経験から開発が始まり2011年6月にはサービス開始したそうですが、自分自身は一年経っても使っていませんでした。この時期、Lineにサインアップするとデフォルトでスマートフォンの連絡先情報をアップロードする仕様で、その情報を元に知り合いのLineユーザを知らせてくれる仕組みだったのですが、プライバシーポリシーとしてちょっと受け入れ難かった記憶があります。今は普通に使ってはいますが、Line、FBメッセンジャーどちらか片方しか使っていない人も多く、知り合い同士で連絡を取り合う際に煩雑ではあります。

そういえばGoogle+というのもありましたね。「ぐぐたす」とも呼んでいました。公開範囲をきめ細かに設定できるのが売りでした。

一方でいわゆる「ポータル・サービス」は世界的には下火になり、日本でもYahoo Japanの一人勝ちになりました。その後はスマートフォンアプリ中心へシフトしたため、「インターネットの入り口」なるものはバラバラになったと言ってもいいかもしれません。

ドラマ、映画の続編

カンバーバッチのシャーロックの続編が日本で放映開始したのが、この頃。2020年時点では2017年放映のシーズン4が最新です。

一方、「バットマン ビギンズ」で始まるクリストファー・ノーランによるダークナイト三部作の完結編も公開されました。二作目の「ダークナイト」があまりに凄かったので完結できるのか不安もありましたが、三部作として上手く締めていました。

今月はこんな感じの軽いまとめにしておきました。

2012年5月から6月の振り返り

いつもは1ヶ月分のツイート・リツイートをまとめて振り返っていますが、2012年5月は流量が少なく、5月分と6月分をまとめて8年後の2020年6月に振り返ります。

1985年から見て2012年は未来世界だったんですよね。車は飛んでないけど数年後にはドナルド・トランプが合衆国大統領になっています。

音楽業界以外に広がったPerfume

Perfumeが2012年3月にgithubでオープンソースとして公開したモーションキャプチャデータを使って作られたビデオが、この頃、タイムラインに流れていました。そんなチームPerfumeのあり方は音楽業界以外からも取り上げられることが多くなりました。

Facebook再考

「ともだち」の可視化って8年経ってもやっぱり難しい。「ともだち」を全てフラットしかもオープンにしてしまおうとしているのがFacebookだし、「ともだち」かどうかなんてどうでもいいとしているのがTwitterのような気がします。2020年の日本人は鍵付きTwitterアカウントで独自のコミュニケーションスタイルを模索しているようにも思えます。

2012年4月の振り返り

2012年4月のツイートを8年後の2020年4月に振り返ります。

FacebookがInstagramを買収

ふだん意識する事は少ないですが、Instagramは Facebook傘下のサービスになって、もう8年です。ツイートを眺めていて思い出しました。

交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックが写真共有アプリ「インスタグラム」の開発会社を約10億ドル(約810億円)で買収することを決めた。インスタグラムは2010年10月にアプリの提供を始めたばかりで社員はわずか13人。売上高もまだ、ほぼゼロの状態だ。

「社員13人、売上高ゼロ」でも買収額810億円、フェイスブックM&Aの真相  :日本経済新聞

FacebookとしてはInstagramの機能だけでなく、アクティブなユーザーもすべて取り込むことも目指しているのだと思いますが、過去に Facebook が Beluga も FriendFeed も買収して葬ってきたことを考えるとユーザーとしては不安にならざるを得ません。

Instagramからデータを移行するためのサービス5つ | Lifehacking.jp

2020年時点でもInstagramは独立したサービスとして運営されているようですが、買収後からユーザ層や使われ方は変わった気はします。

Retina iPadを入手

この時期、iPad第3世代を購入したみたいです。このiPadからいわゆるRetinaディスプレイになっています。