2012年4月の振り返り

2012年4月のツイートを8年後の2020年4月に振り返ります。

FacebookがInstagramを買収

ふだん意識する事は少ないですが、Instagramは Facebook傘下のサービスになって、もう8年です。ツイートを眺めていて思い出しました。

交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックが写真共有アプリ「インスタグラム」の開発会社を約10億ドル(約810億円)で買収することを決めた。インスタグラムは2010年10月にアプリの提供を始めたばかりで社員はわずか13人。売上高もまだ、ほぼゼロの状態だ。

「社員13人、売上高ゼロ」でも買収額810億円、フェイスブックM&Aの真相  :日本経済新聞

FacebookとしてはInstagramの機能だけでなく、アクティブなユーザーもすべて取り込むことも目指しているのだと思いますが、過去に Facebook が Beluga も FriendFeed も買収して葬ってきたことを考えるとユーザーとしては不安にならざるを得ません。

Instagramからデータを移行するためのサービス5つ | Lifehacking.jp

2020年時点でもInstagramは独立したサービスとして運営されているようですが、買収後からユーザ層や使われ方は変わった気はします。

Retina iPadを入手

この時期、iPad第3世代を購入したみたいです。このiPadからいわゆるRetinaディスプレイになっています。

2012年3月の振り返り

世の中は色々大変ですが、毎月通り、2012年3月のツイートを8年後の2020年3月に振り返ります。

「ちんさやリターンズ」最終回

3月のツイートは、「ちんさやリターンズ」の実況一色でした。

ちんさやリターンズ」は2010年8月7日から2012年3月31日にFM福岡で放送されていたラジオ番組です。もともと「ちんさや〜電脳系FMラジオ」(2008年4月4日〜2009年3月27日)として放送され、収録時にUstreamで中継、放送後Podcastの配信、Twitterの連携と2020年から見ても革新的な試みを行っていました。しかも「ちんさや」の終了後、リスナーたちの呼びかけもあって復活…というと高尚に聞こえるが、実のところ「ぽんこつ」な(褒め言葉のつもり)番組。リスナーも「敬意」を込めて、「ぽんこつリスナー」と呼ばれていました。

そんな「ちんさやリターンズ」も2012年3月で終了。

3月24日放送で通常構成としての最終回を迎え、スペシャル企画として所縁のアーティストが出演しての「歌謡祭」を持ってフィナーレを迎えました。

パーソナリティーの「ちん」さんはFM福岡のパーソナリティーとして、「さやか」様はイラストレーターとして、ますます活躍されています。

2012年2月の振り返り

2012年2月のツイートを8年後の2020年2月に振り返ります。

電子の音楽、音楽のクラウド

今ではポップスで当たり前に使われている電子音楽の歴史を振り返る記事。日本人の電子音楽を武満徹からレイ・ハラカミまで10つの音源を紹介していました。

音楽の流通もデジタルで変わっていく時代。日本は少しずつ遅れてはいますが、この頃、iTunesで購入した楽曲を各デバイスで自動ダウンロードできるようにするサービスが始まっています。2020年の今では定額ストリーミングも当たり前になってきています。

Perfumeの楽曲、海外のiTunesで販売開始

Perfumeのセールス面でのデジタル対応は、楽曲やファン層から想像されるより、かなり保守的だと感じます。2012年時点の最新アルバムは世界各国のiTunes Storeでダウンロード販売されました。ただし「日本を除く」。のちのストリーミング対応も先陣を切った訳ではないですね。

2020年2月26日はPerfumeファン、そしてチーム、もちろんメンバーにとって辛い日になってしまいました。とはいえ、逆境に慣れているチームPerfume、事態が一段落したら、きっと巻き返してくれるでしょう。