MovableTypeからWordPressへ

ブログ開設以来、使い続けていたMovableType。最近は、弱小個人ブログにはオーバースペック気味に感じていた。MTをバージョンアップするか迷っていたのだが、思い切って、そろそろ日本語情報も出揃ってきたWordPressに乗り変えることにした。レンタルサーバのクセもあって、やや手間取ったのだけど、いったんインストールすると快適に動いている。デザインやらプラグインやら、しばらく実験するかも。

MovableTypeとWordPress。今のところ得意/不得意があるので、適材適所に使い分けるのが良さそう。

ともかく…今までありがとう、MovableType、これからよろしく、WordPress。

phpを部分的にcgiとして動かす設定や、まだWordPressのインポータが対応していないMTのタグ情報を取り込むためのパッチなど、今回参考にした記事を紹介しておきます。

xreaでWordPressを利用する時の.htaccess記述例 |デジコム

先日のWordCamp2009で会った人と、xreaでの運用の話になりました。
その際、xreaを使うときは PHPを全部CGIモードで動かしていることを話したら、
「全部CGIモードだと、管理者画面もモッタリして、イライラしません?」
と言われました。
それほど負荷のないサイトなのでさほど気にしていませんでしたが、若干遅くなっている感はありました。
「個別にCGIモードで動作させた方がいいですよ」
とのアドバイスを頂きました。

で、ちょうど xrea で構築する案件があったので、せっかくだから徹底的に .htaccess の記述方法を実験してみました。

はてなブックマーク[xrea][wordpress][tips]

18tillIdie » Blog Archive » MovableTypeのタグをWordPressへ移す方法

“WordPressでは2.3からタグがサポートされたのだが、インポータはまだ対応していない様子。とりあえずソースをのぞいて、初PHPだったけどなんとか対応させた”

はてなブックマーク[wordpress][movabletype]

MovableTypeからWordPressへの完全移行方法 | Movable Type | 『Weblogy』

“色々なサイトに書かれている情報からいいとこ取りで、記事ID、タグ、パーマネントリンクを引き継ぐ修正ファイルとなっております”

はてなブックマーク[wordpress][movabletype]

Quasi-Spam Filter Pluginを入れました

コメントスパムに加えてトラックバックスパムまで、押し寄せてきたので、Quasi-Spam Filter Pluginを入れてみました。
「Ogawa::Memoranda: Quasi-Spam Filter Plugin」より。

このプラグインは、デフォルトではH1要素やA要素が含まれるコメントやトラックバックをフィルタリングしてくれます。フィルタする対象を変更するには下記の$COMMENT_PATTERN、$TBPING_PATTERN変数を適宜変更します。

対象文字列は、やってきたスパムの中身から代表的なものを適宜設定しました。

MovableTypeの構造デザイン

プロが教えるMovable Typeの構造デザイン – 元原稿(プロが教えるMovable Typeの構造デザイン – 使用上の諸注意)
iNTERNET magazine 2003年11月号掲載記事の元原稿。とりあえずメモ。
たしかに、MovableTypeのデフォルト・テンプレートは構造的に美しくないなぁとは思っている。いずれは手を入れたい。
でも、記事にあるようにdl要素(定義リスト)をメニューリストに使うというのはありなんだろうか?