2011年10月の振り返り

2011年10月のツイートを8年後の2019年10月に振り返ります。

ジョブズの訃報

R.I.P 銀座アップルストアにて

スティーブ・ジョブズが亡くなったのは2011年10月5日のことでした。ジョブズの功績や評伝はいくらでもあるので、あらためて述べるまでもないでしょう。ここでは当時の空気感だけ残しておきます。

別れを惜しむ人たち。

人格、個人の記憶と一体化していったネット

ジョブズがきっかけを作ったスマートフォンの普及は、これまでPCの中に閉じていたネットを街中に持ち出し、日常がどっぷりネットの中にある今を作りました。記事そのものはPC時代のネットのあり方に近い掲示板の運営者の主張ですが、2011年ごろには、ごく普通の人たちのアイデンティティーのあり方を変えてしまいました。

「ネットにおける個人は現在、「マネタイズされる実名」か「カオス的な匿名」かに二極化…本来、人格はより多面的なもの…匿名掲示板『4chan』を創設したクリストファー・プールの主張」

匿名性と実名性:「ネット上の人格」を考える|WIRED.jp

スマートフォン越しに見聞きしたネットの情報は、個人の記憶を書き換えているかもしれません。記憶と事実とは限らないストーリーとの関係性の研究が注目されたのも、そうした日常の変化と無縁ではないと思います。この傾向は2019年現在、ますます強まっています。

「この現象について研究した論文が『Science』誌に掲載されている。神経科学者チームは、個人の記憶が、さほど時間が経たないうちから、他者の意見によって変化しうることに着目した」

「社会への同調」で生まれる「ニセの記憶」|WIRED.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください