CNET Japan検索エンジン特集:ひとまず完結

このところ、GoogleのIPO、Gmail、Yahoo!の検索エンジン切り替えと検索エンジンを巡るニュースが立て続けに流れ、検索エンジンにかつてない注目が集まった。「サーチエンジン戦略を探る – CNET Japan」は、そうした時流をうまく捉えた連載記事だったが、ひとまず完結した。


特集で印象に残ったのは、現状の検索エンジン事業は広告と切り離しては考えられないということ。Overtureへのインタビューが組まれていたのが象徴的だ。
サーチエンジン市場激変、専門家はこう見る」と題した対談で指摘されているように、日本国内でYahoo!の存在感が大きいことを考え合わせると、Yahoo! Japanから広告(AdWords)を閉め出されたGoogle Japanは相当な危機感は相当なものだろう。
そこでGoogleが取る戦略は2つ考えられる。第一はGoogle自身のポータル化。Gmailは、その鍵だ。第二は一般Webサイトを多数取り込んだ価値の連鎖を形成すること。その鍵がAdSenceだ。AdSenceは一種のアフィリエイトともいえる。AdSenceを載せたWebサイト、広告主、Googleの相互関係はキー・ワードの生態系とでもいうべきか。
特集は内外から入るニュースだけでなく、Blogにも眼を向けていて、最終回がトラックバックによる総括というあたり、これからのニュースメディアの在り方を示唆しているようだ。Aga-Ye!!からのトラックバックを取り上げていたので驚いた。
関連記事:Aga-Ye!! : Kasedac: CNET Japanの特集:検索エンジンの過去・現在・未来

「CNET Japan検索エンジン特集:ひとまず完結」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ADベンチャー企業の

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。