iCapture: Macではどう見える?

iCapture – www.textfile.orgより。
iCaptureは、MacintoshのSafariブラウザでのWebページの見え方をシミュレーションしてくれるサービス。
チェックしたいWebページのURIを入力してSubmitボタンをクリック。約30秒待ってブラウザを再読み込みすると、Safariでレンダリングした結果がpng形式の画像ファイルとしてダウンロードできる。サービス自体は英語なのだが、日本語のWebページもレンダリングできた。ただし文字化けしてしまうWebページもあるようだ。どこまで正確なシミュレーションなのかは不明だが、Macが身近にない身にはありがたい。
なお、このWebサイトではWindows環境での見え方をチェックできるieCaputureを準備の模様。最終的には、Internet Exproler 4.01~6.0、Mozilla Firefox 0.8、Opera 7.23をシミュレーションするようだ。v. 0.0.4 alphaでは、IE 6.0しかシミュレーションできないようだが、これだけでもMacユーザには役に立つのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。