Macについての対照的な見解

MovableTypeのユーザは、なぜかMacユーザの比率が高いような気がする。(自分もかつてはそうだったが..)そんなMacは、いまや熱狂的だがニッチな存在だ。
このMacの現状を打破する提案が、ZDNetの対照的な内容のコラムとなっている。
ひとつめ: Macは独自のクールさを貫け!コンシューマを十分ひきつけられるぞ!というのが、Opinion:あなたは将来Macユーザーになっているかも
ふたつめ: Macはディベロッパ(特にWindows系の..)をひきつけなきゃダメだ!そのためには、なんと!、.Netフレームワークを実装するのだ!というのが、Appleがフェラーリに変身するには
ふたつめは劇薬だなぁ。

「Macについての対照的な見解」への2件のフィードバック

  1. .NET採用は劇薬なのかもしれませんが、それに限らず、Windows系の技術も採用していかないと、事実上、立ち行かなくなりつつあるとは思いますね。

  2. ぼくはMacユーザではなくなってしまったので、あまり追っかけてはいないのですが..
    ~コンシューマ向けとしては、Apple自身がソフトベンダになりつつある(iLife)~というのが、「『ソフトメーカー』としてのAppleの現状」
    http://www.zdnet.co.jp/news/0302/12/cead_coursey.html
    ~Mac版OfficeもWin版との互換性を高めつつある~というのが、「Mac版Office、Exchange対応強化のアップデートへ」
    http://www.zdnet.co.jp/news/0302/12/ne00_office.html
    両方とも、Windows系のディベロッパーの引き込みにはつながりそうもないですね。オープンソースの.Net実装Mono
    http://www.go-mono.com/
    を利用するという手もありえるかな?(MSとの仲がこじれないなら)

コメントは受け付けていません。